認知症とは

誰しも年をとれば機能が衰え、年相応の“もの忘れ”がみられるようになります。これは自然な現象です。
一方、認知症は、大脳に明らかな機能的・器質的障害が出現する病気です。
加齢によるもの忘れと、認知症の違いを以下に示します。

加齢による物忘れ(正常) 認知症
忘れ方 体験したことの一部を忘れる
(食事で何を食べたか忘れる)
体験したことの全体を忘れる
(食事をしたこと自体を忘れる)
自覚 もの忘れの自覚がある もの忘れの自覚がない
日常生活 支障はない 支障がある
進行 悪化はみられない 悪化していく

認知症という病気は、初期の段階で正しく診断し、治療により進行を遅くすることが重要です。

認知症検査のご案内

診断は、診察認知機能検査画像検査(MRI)で行います。
早期認知症では脳萎縮が海馬(記憶の貯蔵庫)において著名であることから、当クリニックでは、MRIで収集した情報をもとに、早期アルツハイマー型認知症支援システム(VSRAD)を計測し、的確に診断いたします。

検査内容VSRAD(早期アルツハイマー病診断支援システム)、長谷川式認知症スケール

なかはら脳神経クリニック 脳神経外科・整形外科

町田市原町田4-14-14 Lifixビル1F
TEL:042-709-3851 FAX:042-709-3852
uketsuke@nakahara-nsclinic.jp

診療日

休診日:日曜・祝日
※木曜午後:北里大学病院 脳神経外科外来